2009年10月10日

命をかけて新聞を配った配達員

先日の台風の中、バイクで朝刊の配達をしていた男性が倒れた木に衝突し転倒して亡くなられた。
同じ新聞配達をしているなまずにとって、大変悲しいことだ。もうやだ〜(悲しい顔)

・・・雨が降ろうが槍が降ろうが新聞を届けなければならない。

自分が新聞配達をするまで配達員の気持ちなど考えてもみなかった。

今は同じ仕事をしている者として、その気持ちがよく分かるようになった。

新聞を読んでいる皆さん・・・少しでも配達員のことを思って頂ければ、その苦労が報われます。

直接受け取られることもあると思います。そのときは「ごくろうさん!」の一言でも掛けてやって下さい。

その一言が・・・うれしい!

命をかけて新聞を配り亡くなられた配達員のご冥福をお祈りします。
タグ:台風
posted by なまず at 07:01 | Comment(0) | 新聞配達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。