2010年10月11日

牛乳パックの帽子が前衛的ファッション?

夕食の一家だんらんの時、近くのレストランでバイトをしている次女が、「今日、お客さんが牛乳パックで作った帽子をかぶってきた。」と言った。

そのとたん全員が爆笑・・・特に嫁さんの笑いが、今にも息が止まるのではないかのごとく笑いこける。

その話しは、もちろんおかしいのだが、それにもまして嫁さんの笑い方(ワッハッハではなくて、今にも息が止まりそうな、クッ・・クッ・・クッ・・) にハマッてしまうと、こっちが死にそうになるので頭をシバイてやった。

でも笑いは止まらない・・・助けて〜!

 娘によると、つばもついており帽子の形になってるから大したもんです。

本人にしてみればいたって真面目なんだろう。

世の中の常識から外れたことをすれば目立ち笑われてしまうこの社会・・・形は違うが「なまず」の生き方もそれに近いものがあるかもしれない。

「馬鹿と天才は紙一重」と言う・・・牛乳パックの帽子をかぶっている彼の感性は、どんな一流のデザイナーでも真似のできない前衛的ファッションなのであろう。
posted by なまず at 21:41 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。