2011年06月29日

益田のバンドがリヴァプールでライヴ

イギリスのリヴァプールで開催される「International Beatle Week」に日本代表として、なんと益田のバンド「NOW HERE」が出演する。

これは驚いた!!! まさに奇跡じゃあ〜・・・。

益田で「ABBEY ROAD」というバーのマスターが結成したバンドです。

店名のアビー・ロード・・・ビートルズですよ・・・。

ピアノの弾き語りをやってるぐらいだから、かなりのビートルズ狂ですね。

30数年前、島根の田舎町「益田」でロック喫茶「なまず屋」開いた時の思い・・・「この益田からカッコイイロックバンドが現れればいいなぁ〜」と夢に描いていたことが現実となって現れてきた。

それもリヴァプールでライヴをやるんだから、益田市にとっては歴史的出来事だ。

なまずが描いていた益田は、ジャズが流れロック喫茶がありフォークやブルースが自然と溶け込んでいる町でした。

少しづつそんな町になってきているのかな?

今日6月29日は、1966年にビートルズが来日した日・・・その時なまずは高校3年生・・・ロックという外国の音楽にシビレ始めた頃です。

同級生でビートルズを聴く者はほとんどいなかった。

坊主頭の高校生がマッシュルームカットを見て、ただただ「カッコエー」と思うばかりでした。

偶然かどうか、6月29日は娘の誕生日です。

「オギャー」してから24年経ちました・・・こっちが年を取る訳じゃ!

 あ〜、話がそれてしまいましたね。

とにもかくにも「NOW HERE」はリヴァプールで楽しんで来てください。

京都より応援しとるよ!!!
posted by なまず at 10:02 | Comment(2) | 益田市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

30年あまりの時を経て古き友人に出会う

30年あまりの時を経て古き友人に出会った、・・・と言ってもブログ上でのことです。

益田で「なまず屋バンド」をやっていた時、ベースを担当していた「せいちゃん」・・・TOMOのブログにアップされていたライヴでの写真に「どうも似たようなのがおる」・・・それで、せいちゃんのブログ「憂歌党」にコンタクトしてみたら本人であった。

いや〜驚いた!懐かしい!

近頃ではベースをアコギに持ち替えてブルースを歌っているそうだ。

あのハスキーボイスならば、ブルースにピッタリだろう。

是非とも益田で、せいちゃんが歌う生のブルースを聴きたい。

また一人、益田の音楽シーンを盛り上げるシンガーが現れた!

タグ:ブルース
posted by なまず at 18:09 | Comment(4) | 益田市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

島根ジャズおやじの店「マルフク」

益田に唯一JAZZを聴かせる店が駅前にある。・・・それが島根ジャズおやじがやっている「マルフク」だ。

マスターのジャズおやじは、なまずの親友の弟・・・子供の頃から良く知っている。

昭和の時代、駅前が商店街だった頃、「マルフク」は「丸福」としてその商店街にあった饅頭屋だ。

なまずの店(衣料品店)も同じ商店街にあった。

高校が同じだったので、店に寄り一緒に通学していた。

その当時高校(県立益田産業高等学校)は、現在、石西県民文化会館がある場所に建っていたので、商店街を通り歩いて通学できた。

高校卒業後、その友も東京の大学へ進学した。なまずとは違う学校だったが、たまに会って新宿の「DIG」へ飲みに行ったこともある。

「DIG」は酒を飲みながらJAZZが聴けるバーで、田舎者の俺たちにとって大都会を感じさせるハイセンスな場所だった。

4年間の東京生活を終え俺たちは故郷益田に帰った。東京の感性を吸収した俺たちは、益田の文化を変えるべく動き始める。

友は「丸福」を改装して、お洒落なケーキと饅頭の店「マルフク」を創った。

当然BGMはJAZZ・・・文化のない益田にJAZZが流れている店・・・その当時(70年代初頭)としては、人口5万ばかりの益田にとって革命的なことであり、その場所から音楽の情報発信が行われた。

なまずも毎日入り浸り、色々な面白い連中と知り合うことができた。

そのマルフクが今も島根の片田舎「益田」でJAZZしている。

店内ではジャンルを問わずライヴを行っている。

なまず的にはJAZZオンリーでやってもらいたいが、商売を考えると田舎ではそうもいかないであろう。

その辺のことは昔、ロック喫茶「なまず屋」を益田でやった者として良く分かる。

ジャズおやじが高円寺のジャズ喫茶「サンジェルマン」でバイトしていた姿を見ているので、おやじのジャズに対する思い入れがどれ位のものか計り知りえない。

ハードロッカーなまずとしてはちょっと入りずらい空間だが、益田の市民バンド育成の為、ガンバッテやぁ〜!

益田マルフクのブログ///島根ジャズおやじ
posted by なまず at 17:10 | Comment(4) | 益田市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。