2009年12月23日

「アホ」にしてくれるチョー早引きギタリスト

1970年、日比谷の映画館で観た「ウッド・ストック」・・・

その当時活躍していたミュージシャンが色々出演していたが、中でもチョー早引きのギタリスト「アルヴィン・リー」・・・

彼の単純明快なロックロールサウンドは、まだ大学4回生で真面目(?)だった「なまず」の脳細胞を直撃してきました。

何も考えなくていい・・・ただひたすらロックのビートをカラダに感じ取れば何もいうことはない・・・

それ程「アホ」にしてくれる「Ten Years After 」は最高じゃぁ〜!

このサウンドを聴いていれば「認知症」にならんぞよ!
posted by なまず at 18:13 | Comment(2) | Ten Years After | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。