2010年03月07日

The CorrsのLittle Wing

 アイルランド出身のコアー兄妹(3姉妹と兄)によるバンドが演奏している「Little Wing」・・・

ジミヘンの曲がここまで美しく演奏されているのを始めて聴いた。

今まではジミヘンのワイルドな音しか聴いたことが無かったので驚いた!

特に「ティン・ホイッスル」の音色が日本的で自然な感じがして心が洗われるようだ。

ジミヘンが生きていた時代に聴いていた「Little Wing」と今の時代の「リトル・ウイング」・・・

40数年余りの年月がロックをも変えている。

宇宙の小さな惑星では今も何処かで争いが起こっている。

茶の間のテレビ画面に映し出されるベトナム戦争の映像・・・B-52からの爆弾投下・・・ナパーム弾の炎・・・リアルタイムで観ていた。

そんな時代背景があったからロックも過激だったのか?

この演奏を今ジミヘンが聴いたならば、なんて言うだろうか?

いつか近い将来、会った時に聞いてみよう。

★The Corrs★
Jim Corr (長男) - Keyboards, Guitar, Vocals
Sharon Corr (長女) - Violin, Vocals
Caroline Corr (次女) - Drums, Bodhran, Piano, Vocals
Andrea Corr (三女) - Lead vocals, tin whistle
posted by なまず at 14:23 | Comment(0) | The Corrs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。