2010年04月24日

ゲゲゲの女房が面白い

NHK朝のドラマ「ゲゲゲの女房」が面白い。

汽車に乗り東京へ向かうシーンがあったが、その時、東京オリンピックが始まる3年前のことだそうです。

なまずも中一だった頃の夏休み、弟と二人で蒸気機関車に乗り東京の叔父の家へ遊びに行った事を思い出した。

益田から東京まで片道25時間あまりの長旅で、座席はもちろんリクライニングなどではない。

長時間座っていると疲れてくる。

前に座っていたおじさんが、読んでいた新聞を座席の下に敷いてくれて、弟と交代で寝ていた。

夏の暑い時だから窓は全開で走っている。

トンネルが迫ってくると「ポー」と汽笛が鳴るので一斉に窓を閉める。

短いトンネルの場合はいいけど、長いトンネル「清水トンネル」を通過する時は死ぬかと思ったよ。

通路からトイレがある連結部分を見ると煙で真っ白になっているではないか。

トンネルを抜け出すまで、果たして空気が持つかどうか心配だった。

随分長い時間が掛かったように思われる。

トンネルを無事に出た瞬間、窓を全開にした。

そんな死ぬ思い(チョット大げさ?)をして、ようやく東京駅に着いたとき、弟と俺の顔は真っ黒になっていた。

迎えに来ていた叔父さんが「なんだよ、その顔は!」と言っていたのを覚えている。

その叔父さんも40代で亡くなってしまった。

その当時、列車は一等車・二等車・三等車に分かれていて、なまず兄弟が乗っていったのは三等車(普通車)でした。

ゲゲゲの嫁さん達が乗っていた座席に白いカバーが掛かっていたから、二等車(グリーン車)かもしれない。

今の世の中、全てが便利になり新幹線で早く行けるようになったが、旅の風情を楽しむことができなくなってしまったように思える。

ある意味あの当時の頃が、人にとって優しく面白い時代ではなかったのではないかと思う次第です。
posted by なまず at 23:54 | Comment(0) | ゲゲゲの女房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。